読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑感。

相変わらず、エイプリルフールで遊ぶのは否定派です。

 

さて、本日所用で青山学院大学の前を通ると、

ちょうど入学式が終わった直後で、

新入生がゾロゾロと出てきたところでした。

 

大学一年生ということは、

20歳近く歳が離れているわけで、

その事実に戦慄しつつ、

彼ら・彼女らの手元を見ると、

みんな『non-no』とか『FINEBOYS』の袋を持ってました。

 

なるほど、そういう感じのプロモーションか。。

やはり青学ともなると、違いますね。華やか。

 

以前、勤めていた会社の近くにあった短大の入学式では

金髪・黒服のキャッチしかいませんでしたけどね。

それはそれで見応えはありましたが。

 

 

最近はようやく時間ができたので、

人に会ったり、本を読んだり、

展示会に行ったりすることができるようになりました。

 

土に潜っていた何ヶ月かを取り戻さなくてはいけないので、

それはそれで必死な毎日です。

 

今日は無理を言って

「YOUNG & OLSEN The DRYGOODS STORE」の

事務所におしかけてさせていただきました。

 

新作を拝見したのですが、

実にクレバーかつスマートなコレクションでした。

 

時代性とかトレンドを的確に捉えつつ、

ピリッとしたスパイスを利かせるその手腕は見事の一言。

 

尾崎雄飛さん、さすがです。引き出し多すぎです。

 

自分で着るものはシンプルでベーシックなテイストなものばかりですが、

フイナムではもう少しだけ間口を広げて紹介していきたいな、

と思わされたコレクションでした。