読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの頃。

これを読んだ。

 

f:id:hynm_komuta:20140610001327j:plain

 

知ってる人は知ってるし、

知らない人は知らない。

そらそうだ。

 

EYESCREAM.JPで連載されていた

劔 樹人氏のブログ「あの頃。」を

加筆、再構成した書籍、

つまるところ、ブログ本です。

 

この「あの頃。」というブログ、

いまさら自分が声高に語るまでもないんですが、

本当に本当に素晴らしいのです。

 

もうホントに、笑って泣けるんです(バカ)。

 

嘘だと思ったら、ブログを読んで下さい。

と、リンクを張ってみたら

なんと、ほとんどのエントリーは削除されていたのでした。。

 

えー、なんかそういうもんかなーと

同じくブログを書籍化した

直角さんのロベルトノートを見てみたら、

ガーン、同じことになっていたのでした。。

 

ま、そらそうか。。

 

 

と、とにかく「あの頃。」ですよ。

 

この本には

ダブエレクトロバンド

あらかじめ決められた恋人たちへ」のベーシストであり、

神聖かまってちゃん」などのマネージャーをしている

劔 樹人氏の青春の日々、中学10年生時代が

濃密に綴られているわけです。

 

内容はあんまり説明したくないので、

ぜひ本を買って読んでみて下さい。

 

この本を読んでも、よく分からんわーという人よりは

笑えるわー、泣けるわーという人と仲良くなりたい、自分は。

 

 

誰にでもあるだろう、「あの頃。」

 

たいがいそれは人に語るようなことではないし、

そんなに都合良く面白いエピソードが落ちているわけもない。

 

…のですが、

自分にもほんのちょっとだけ

ありますね、そういう話が。

 

決しておおっぴらには語れないけど、

劔氏ほどには完成されてないけど、

似たような感じで

濃厚かつ狂った日々を送っていたのでした。

 

24歳〜27歳の4年間ぐらいの話です。

 

この時代の話がどれくらいキャッチーなのか

もはや自分では判断できなくなっていたため、

ほとんど他人には話さなくなっていたのですが、

こないだこの方と飲んだときに

ほんのさわりだけ話したら

みなさん爆笑してくれたので、

あ、アリなんだなと、なんだかホッとしたのです。

 

なので、今後酒席で一緒になった方、

ご要望とあれば「あの頃。」のこと

お話しますので、どうぞ笑ってやって下さい。