読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tシャツにブルージーンが似合うようになりたい。

先週の水〜木で開催されていた

Gapの「BLUE BOX PRESENTS」。

 

f:id:hynm_komuta:20140327182904j:plain

 

Gap のアイデンティティーである

“ありのままの自分でいるその姿、生き方、ライフスタイル”に

光を当てる新プロジェクト、だそうです。

 

その第1弾として、開催されたのがこちら。

 

f:id:hynm_komuta:20140327183535j:plain

 

ライター/プロデューサー野村訓市氏監修の下、

各分野で活躍する輝く才能を持つ8名に焦点を当て、

個性とは 何か”を表現したポートレート展示「ICONS(アイコンズ)」、

またそのポートレートを撮りおろしたフォトグラファー 小浪次郎氏と、

8名の中から選ばれた人気モデルのクリスウェブ佳子氏が、

それぞれ野村訓市氏とのトークイベント「SPEAKS(スピークス)」。

 

これが、本当に素晴らしい内容でした。

 

もう終わってしまっているので、

見れんがな、知らんがな、という状態ですが、

そう言わずにお付き合いを。

 

f:id:hynm_komuta:20140327183330j:plain

渡辺大知(黒猫チェルシー

 

f:id:hynm_komuta:20140327182843j:plain

クリスウェブ佳子(モデル)

 

f:id:hynm_komuta:20140327183347j:plain

藤田貴大(劇作家/演出家)

 

この3人以外にも、

各界から選ばれた計8人は、

だれもかれもが、とても強く誠実な眼差しをしていて、

その様が、Gapのシンプルでクリーンなアイテムと

美しくリンクしていました。

 

それにしても写真がいい。

 

ごまかしのきかない

白い空間に放り込まれ

互いと向き合わざるをえない状態とは

どんなものなのか。

 

自分には想像することしかできませんが、

それはなかなかタフな作業なのではないでしょうか。

 

そこを写真家・小浪次郎氏は、

「ちょっと散歩にでも行きませんか?」と

撮影前に被写体を誘い、コミュニケーションを図った、、

 

などという話が聞けたのが

野村訓市氏とのトークショーでした。

 

f:id:hynm_komuta:20140327185112j:plain

 

絵になる二人です。

 

途中でこの人も飛び入り。

f:id:hynm_komuta:20140327192641j:plain

 

最年少の渡辺大知氏。

とてもとてもいいことを言っていました。

 

個性とは何か、アイコンとは何かというような

抽象的で本質的、

答えるのがとても難しい問いにも

はっきりと己の意思を明らかにしていました。

 

〈ドクターマーチン〉にも出てもらいましたが、

渡辺氏、とてもいいですね。

いまさらといえば、いまさらですが。

 

今後フイナムで、

こうしたイベントを行うことがあったとして、

なんというか、とにかく筋の通ったことを

やっていかねば、と襟を正させてくれた

素敵なイベントでした。