読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は逆で、むしろ声。

先日フイナムでお伝えした、

坂本慎太郎とメイヤー・ホーソーン

スプリット7inch vinylのお知らせ

 

要するにお互いの曲を、

トラックはそのままに、

歌詞だけ母国語に訳して歌うという

なにやらとんでもない企画。

 

音源が「Sound Cloud」にて公開されましたね。

 

坂本慎太郎

「Wine Glass Woman」

 

メイヤー・ホーソーン

「幽霊の気分で (In a Phantom Mood)」

 

 

いやー、坂本慎太郎というのは

恐ろしいミュージシャンですね。。。

 

楽曲はファレル・ウイリアムスの

プロデュースということですが、

にわかには信じられません。

 

どっからどう聴いても

本人の楽曲にしか聞こえません。

 

シルキー極まりないボーカル。

幽玄な響きのコーラス。

ヌケのいいリズム。

 

完全に坂本慎太郎

サウンドプロダクションだよなぁ。。

 

一方、メイヤー・ホーソーンの方はというと、、

えぇ、カバーですね、これは。

 

自分の坂本慎太郎への

思い入れの強さを差し引いたとしても

これに異論の余地はないでしょう。

 

坂本慎太郎の素晴らしい点を挙げるとなると

歌詞だったり、サウンドだったりと

本当に色々なポイントがありますが、

「私は逆で、むしろ声」。

 

と、思わずWORLD DOWNTOWNナタリア

出てきてしまうほど、

自分は声が好きですね。

 

今に始まったことではありませんが、

ヴォーカリストとしての魅力が

とにかくハンパないです。

 

いやー、早く新作聴きたいな。。

 

と思ったら。。

もしや。。

ごくり。。

 

新作出まーす