読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパゲッティプライス。

今日は代々木上原にリースの用事があったので、

ランチはハシヤ

 

うまい。高い。うまい。高い。高い。

 

ということで、いつ行っても、

印象としては“高い”が優勢になる。

 

もちろん値段を知っていて行くわけなので

文句を付ける筋合いはない。うまいし。お客さんも入ってるし。

 

でも、なぜこういうハシヤ系(ex 千駄ヶ谷小学校のスパゴ)とか

あとは恵比寿のアンクルトムって

基本、1000円以上の値段設定なんだろう。

 

サラダ、パスタ、コーヒー、デザートで980円という

本格イタリアン的なお店もたくさんあるのに。。

 

パスタではなく、スパゲッティな感じの雰囲気?

入りやすい店構え?

貴重な昭和感?

 

どこに秘密が隠されているのか全く分かりません。

ラーメンでいえば、荻窪春木屋? 違う?

 

 

ハイプライスでもお客さんを惹き付けるということ。

 

これをファッションに置き換えてみると、、

 

 

………うまく置き換わりませんでした。